スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓄電池導入時の売電価格の不思議

05-12,2013

なんだか久しぶりのブログです^^;
GWは親孝行旅行などバタバタと時間が過ぎて行ったので
なかなか落ち着いてPCの前に座る時間なかったんですよね。

関西はすでに春を通り越して、初夏!!な雰囲気。
GW中、寒い日もあったので床暖房をつけることもありましたが
今は床暖房の稼働も停止し、過ごしやすい気候となってきました☆
これからは太陽光発電が楽しみになる季節ですね♪


さてさて。
以前より、再生可能エネルギーが好きな私
PV導入も、別に夢発電があろうがなかろうが入れる気満々でした。

で、最近はHEMSとかいろいろ気になるネタがありますが
ずっと気になっていた蓄電池導入時の使い方とか売電価格とか、
ちょっと詳しい方に会うことがあったので、いろいろ教えてもらってきちゃいました。

聞きかじりなので、間違っていることもあると思いますので
もし、ここ違うよーなんてのあったら、ご指摘願います^^;


まず、蓄電池導入時にPVの売電価格がどうなるか?って話。

蓄電池自体は、電池なので別に発電するわけでなく、電気を貯めて吐き出すだけの設備です。
なのでW発電とは違うんじゃないか~?と思うんですが
場合によってはW発電とみなされて、売電価格が変わってしまうんだそうです。

その場合によってというのは、太陽光の押し上げ効果があるかないか。だそう。

押し上げ効果というのは、余剰買取制度での補助金時に限ってのことです。
太陽光によりPVが発電している際、PVの自家消費分を減らすために
蓄電池からの放電を行い、結果PVの売電量を押し上げることをいうそうです。

わかりやすい図があったので、お借りしてきました。
20130512.jpg
下の図が押し上げ有りの場合。

押し上げを蓄電池がすることにより、PVの売電量が増える。
この形は、エネファーム導入時と同じW発電とみなされ、売電価格が31円になります。

ちなみに、この押し上げ方式を採用しているのが有名なところで京セラの蓄電池システム。
積水ハイムのスマートハイムは、たぶん京セラ(ニチコン?)製のシステムだったはず。
なので、基本押し上げ有りだそうです。


逆に、押し上げせずに、夜の電力を貯めて朝・夕方のPVの発電がないときに使うのが
上の図の押し上げ無しバージョンになります。

この方式だと、昼間のPVの売電価格は42円(今は38円)据え置き。
その分、蓄電池で昼間賄おう!ってことはできません。
昼間ほど電気代は高くないけど、まだそこそこ電気代の高い時間に夜間電力で貯めた分を使うので
それなりの経済的効果は得られるそうです。

この方式を採用しているのが、NEC、シャープ、Panasonicかな?

蓄電池なので、W発電とみなされるのもどうかと思いますし・・・
どちらかというと、押し上げ無しのほうが主流なのかな?

説明してくれた詳しい方は、ここの価格の面倒くささで
蓄電池がまだあまり普及しない原因じゃないかな~って仰ってました


確かに、PVの売電量を増やそうとすれば、売電単価が下がってしまうし
押し上げしないようにすると、一番電気代の高い時間に蓄電池使えませんもんね。。
消費者は、何年で元が取れるかーってすぐ試算してしまう生き物だし。


逆に、10kW以上導入してて、全量買取制度を利用している方。
この人たちは、別に押し上げにも何にもならないので、
蓄電池導入しても、売電価格は変わらないそうです
。(ほんまかな?)

ただ、私全量買取している人たちの電気配線の接続がどうなってるのかわからないのですが
PVの発電経路は、家の分電盤を通らずに、直で系統に流すようになってるのでしょうか?

全量買取の場合でも、接続している系統での消費が少なかったり、近くで大型発電施設があると
電圧上昇が起きて、売電できなくなるんだけど、そこら辺の説明ってされてるのかなぁと思ったり。
電圧上昇起きた場合、全量買取の人は、家で消費することもできないうえに
系統に流せないから、売電も出来ないしで、あんまり良いことないんですけどね。
トランスでも入れたら、改善するのかなー。

私は、どちらかというと全量買取制度に対してはちょっと否定的^^;
余剰買取のほうが、システム的にスマートだなぁと思うので。


おっと。話が横道にそれちゃった。
っという感じで、不思議に思っていた蓄電池導入時の売電価格について
やっぱり、詳しい人に聞くのが一番手っ取り早くてわかりやすいなーと実感しました。


スポンサーサイト

COMMENT

satoさん、こんにちは!
なーなです〜

蓄電池導入の場合の売電価格…
すごく勉強になりました!

なるほど〜、
昼間蓄電池の放電を活用しちゃうと売電価格下がってしまうんですね!

一条ブログのさすけさんが、レンタル蓄電池導入を記事にされていて
将来的に蓄電池…一般的になるのかな?と思ってたところでした(*_*)

全量買い取りのお宅にはそういったリスクもあるんですね

我が家も導入不可能だし、どういったシステムなのか良く分からないしで余り興味がなくて…(;^_^A

ともあれ蓄電池は今後も気になりますよね
2013/05/16(木) 07:17:50 |URL|なーな #- [EDIT]
うは・・・むつかしぃ・・・
こういった話はなかなか苦手で( ;´Д`)
きちんと勉強しなきゃ有効活用できないものですが、
どうも数字が関わってくると苦手です(笑)

全量買い取りに関しては色々とリスクあるんですねぇ..
うまい話だけ鵜呑みにしたわけではないんですが、
やはり一条側としても説明不足な気がしてなりません。
2013/05/16(木) 11:35:51 |URL|つぶつぶ☆ #gWZsX.36 [EDIT]
コメントありがとうございます^^

蓄電池導入された方がいるんですね。
私も蓄電池システムの動向は気になってはいるんですが
まだ、やっぱり採用される方は一握りかなぁって感じな気がします。
積〇ハイムさんがスマートハイムって大々的に売り出してますけど
やっぱり導入費用を回収できるかどうかってのが難しいですからねぇ。

周辺地域での昼間需要が少なかったり
回りのお宅で太陽光を設置する家が増えて行ったりすると
全量買取のお宅だけでなく
余剰買取のお宅でも、電圧上昇で売電できなくなったりしますよ!
でも、余剰買取のお宅は自分ところで消費することができるけど
全量買取のお宅は、おそらくできないんじゃないかなぁと思ってます。

2013/05/17(金) 20:43:41 |URL|Sato #- [EDIT]
ほんと難しいですよね^^;
我が家夫婦は、一応どちらもエンジニアなので
こういう話は、一応アンテナはってますが。。。
まぁ、でもあんまり深くは探ってないですね。

全量買取で電圧上昇による売電量低下については
まぁ、これは余剰買取のお宅でも起こりうる話なんですけどね。
回りに太陽光を設置するお宅が増えたりとか、
電線についているトランスとの距離でも、
頻繁に電圧上昇を起こして売電できなくなることもあるみたいです。

そこらへんは、たぶんメーカー自身がそんなに宣伝してないので
営業さんや設計さんは知らない情報なんだろうなぁって思います。
10kw以上のお宅には、電力会社から
柱上トランスをつけてくれって話をする場合もあるそうですし
電力会社が、こっそりつけてくれてたりするみたいなので
もしかしたら、思ったほど頻繁には起こらないのかもしれませんがね。
2013/05/17(金) 20:46:54 |URL|Sato #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。