スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHASSEURの白いお鍋♪

03-16,2013

花粉症に苦しむ鍋道楽satoです・・・

鍋道楽・・・うん・・・やっぱり、なかなか我慢は難しい^^;
っと言うか、旦那くんからお小遣いの範囲かつ収納場所を確保できるのであれば
お鍋買っても良いよ。と条件付きOKを出していただきました。

というわけで、コツコツお小遣いを貯め(我が家は微妙にお小遣い制w)
そして、いろいろな収納場所を整理して、新たなスペースを確保し、
準備万端で、以前より気になっていたお鍋、購入した次第です。


今回購入したお鍋は、ストウブでもル・クルーゼでもない、第三の刺客。
ストウブやル・クルーゼと同じフランス生まれの鋳物琺瑯鍋。

シャスールのホワイト20cmです☆
20130316-1.jpg
真っ白な色がとってもきれい^^

シャスール、実はフランスではストウブやルクを抜いてシェア第1位なんだそうです。
日本に入ってくるのが、ほかのものよりも遅かったからか、知名度は3番手。
だけど、使用されている方はとことん惚れ込んでいる、素晴らしいお鍋なんだそうです。

シャスールで代表格といえば、やっぱりと~~~っても可愛いピンクのお鍋
このピンク色を出すために、金を使用しているらしく、
コストはかかるけど、日本人好みの淡いとってもかわいいピンク色なんです^^

うん。ピンク好きとしては、とってもピンクが気になるところですが…
でも、今回はこちらのホワイトを選びました^^

だって、ホワイトだと・・・
20130316-2.jpg
お鍋の中まで、まっさらなピュアホワイトなんですもの♪
シャスールのピンクもだけど、ルクもお鍋の中はアイボリーなんですよね。
なので、今回はお鍋の中まで真っ白なこちらに決めました☆

っというか・・・ピンクは人気のカラーということで・・・
現在あまりお安いお値段では売ってないんですよね^^;
今買うとすると、20cmのピンクはネットで1万9千円くらい。

私が買ったホワイト・・・送料込で1万円♪お値段も可愛いこちらで迷うはずがありません(笑)


ってことで、我が家にフランス製の鋳物琺瑯鍋3種が揃いました☆
日本代表のバーミキュラも気になるけど…個人的に、あの鍋底が使いにくそうで^^;

っというわけで、おふらんすのお鍋3種、外観比較!
20130316-3.jpg
サイズはすべて20cm。左からストウブ、シャスール、ル・クルーゼです。

こう見ると、シャスールのお鍋が一番高さがありませんが、ズドーンとまっすぐなお鍋です。
逆にストウブは、一番高さがあるけど、下に行くにつれキュっと引き締まっていますね^^
ルクのお鍋は、まるっこくて可愛いです。

続いて俯瞰から。
20130316-4.jpg
ピンクとホワイトが膨張色で、ブラックが引き締まって見えるから…ってわけでなく
やはり、ストウブは他の2種に比べて、ちょっと小ぶりです。
20cmという数字、やっぱりストウブは外径、その他の2種は内径で取ってるんでしょうね。

写真では、ピンクのルクのほうが少し大きく見えますが
シャスールとルクの蓋は、互いに変えてもぴったりはまるので、同じサイズのようです。
だから、ルクのスチーマーもシャスールに使えます♪


そして、特徴的なそれぞれの蓋の裏。
20130316-5.jpg
シャスールのお鍋には、ストウブのフタにあるピコ(突起)と同じ働きをする3本のラインが入っています。
このラインが、上がってきたうまみたっぷりの蒸気を、お鍋の中に戻してくれるんだそう。

ル・クルーゼの普通のココットには、こういうピコやラインは入っていません。
ルクでも以前同じようなピコがついた製品もあったみたいなんですけどね。


っというような、3社の外観。
シャスールは、見た目はル・クルーゼにそっくりな出で立ちですが
フタの裏の機構はどちらかというと、ストウブよりなのかな?
なので、シャスールは、ストウブとルクルーゼの良いとこどりって言われます。

でもね、決定的に違うのは・・・シャスールの重さ

シャスールは他のお鍋と比べて、持った時にずっしりと重みを感じます。
鋳物のお鍋には慣れている私ですが・・・重いなぁと感じるほど。

っというわけで、実際どれくらい違うの?と思い重さを量ってみました。
20130316-6.jpg
うん。量ってみると一目瞭然ですね。

フタの重さだけで考えると、前評判通り1位ストウブ、2位シャスール、3位ルクでした。
ストウブはこのフタの重みで、無水料理だってできますからね♪

だけど、お鍋本体を比べると順位が変わり・・・1位シャスール、2位ルクルーゼ、3位ストウブ
この結果、シャスールの総重量が他のお鍋よりも300gほど重いことがわかりました。

うん。おそらく触った感じですが、お鍋の厚みが厚いんだと思います。
きっと一番お鍋事態の熱容量が大きいから、じっくりじっくり味を染み込ませたりが得意そう。
これから、シャスールのお鍋を使っていろいろ作ってみるのが楽しみです☆



そうそう、以前コメントでストウブでのご飯の炊き方についてアドバイスを頂きました。
アドバイス通り、これまで行っていた沸騰後の撹拌をやめ、
沸騰するまで蓋をあけたままにして、炊飯してみました。

ん~・・・確かに以前より、芯が残っている割合が減りましたが
やっぱり部分的に芯が残っているみたいです(T-T)

あと、ご飯の味的にも我が家のお米はル・クルーゼのほうが美味しくたけるみたい。
なんなんでしょうねぇ。やり方なのか、なんなのか。
せっかく教えていただいたのに、うまく出来ずに申し訳ありません。

我が家では、ストウブはやっぱりこういう使い方のほうが合うみたいです。
20130316-7.jpg
テレビでお馴染み、白菜と豚肉のミルフィーユ鍋♪

こちらのレシピでは、たっぷりのお水が必要ですが
我が家はストウブ使うので、足した水分は少しのお酒と少しのお醤油のみ♪
それなのに、白菜からでた水分でぐつぐつ出来るほどたっぷりの野菜出汁が出てくれています^^

やっぱり、無水料理させたら、ピカイチですね。STAUBくん☆


スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは^^
素敵な鍋たちに素敵な料理ですね。
写真の撮り方がやっぱりうまいな~と
感心してしまいます。
それにしても、少ない水で料理できるのは
いいですね。我が家でもこの鍋をやりますが、
それなりに水使ってますね。。。
2013/03/16(土) 23:23:58 |URL|nerona #Tefk72TU [EDIT]
うわー、ほんと中まで真っ白(〃・д・)
これは可愛いです~仲間で真白っていうのはないかも!?
お料理がとっても映えそう♪
フランスでは一番の売れ行きのシャスール、、、
確かに日本では知名度あまりないのかも??
でもまっ白に惹かれちゃいますね、こりゃ(´艸`)

蓋の重さの1番はストウブ!というのは納得。
だからこうやって蒸し料理が出来るんですものー
白菜と豚肉のミルフィーユ、お肉はバラ肉ですかー?
ひき肉より簡単に挟めそうな感じ!?(・:゚д゚:・)!

そうそう、迷いに迷っているものがあるんですけれど、
イッタラのプラター(16㎝の方)を買うか買わないか・・・(。-`ω´-)ンー
Satoさん宅にありそうな予感がするんですが、、、
もしお持ちでしたら使い勝手を教えてほしいです~
2013/03/18(月) 10:03:47 |URL|つぶつぶ☆ #gWZsX.36 [EDIT]
こんにちは!
いやいや、写真は全然ですよ・・・
もう少し光の当たり方とか考えないとなんですけどね。。

少ない水で料理できるのはとってもいいです^^
ただ、普通のレシピでレシピ通りに水分入れると
びちゃびちゃになって・・・こともあるので
調整が難しいですね^^;
2013/03/20(水) 09:40:52 |URL|Sato #- [EDIT]
お鍋、中まで真っ白可愛いですよね~♪
ルクルーゼも、ホワイトのお鍋は中まで真っ白みたいなのですが
定番色じゃなくなっちゃったし・・・
我が家のピンクも、チェリーレッドと比べると
中はちょっとだけ白いんですよ。
たぶん3段階位中の色があるみたいです。
ホワイト⇒薄いベージュ⇒アイボリーって感じで。

ミルフィーユ鍋、お肉は冷蔵庫にあった生姜焼き用のロース肉かな?
ひき肉もおいしそうですね♪
でも、はさみやすさはバラ肉やロース肉ですねww


プラター・・・は我が家は実は持ってなくって
サービングセットっていう〇△□の形のセット物を持ってます^^
なので、プラターよりちょっと小さめで12.5cmかな?
□は、実はセットの中で一番使い勝手が良いです。
少し深めなので、ちょっと汁気の多いものとか入れるのに活躍します。
大きさ的に、少し小ぶりなのでお弁当用のおかずを覚ます時に使ったり。
16cmだと、普段のおかず入れにぴったりそうですね!
2013/03/20(水) 09:45:02 |URL|Sato #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。