スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお鍋コレクション~STAUB編~

01-13,2013

私が出張中に旦那くんが風邪をひいちゃったみたいで
昨日からダウンしております。
のどがガラガラしてて、鼻が辛そうです・・・

毎回、旦那くんが風邪をひくと、漏れなく私にうつってたんですが
今回はまだ出張が残ってるので、必死でうつらないように対抗中です^^;


っというわけで、風邪ひきさんは寝室に寝かせておいて
私は今日もブログ更新です♪
昨日のル・クルーゼの続きで、本日はストウブのお鍋のご紹介です☆


まず1個目はこちら。
130113-1.jpg
ピコ・ココット・オーバルの27cm。グランブルーです。
我が家のファースト・ストウブですね^^
ジャズドリーム長島のZWILLINGのアウトレット店で購入しました。

これを買ったときは、ルクにするかバーミキュラにするかストウブにするか悩んで
バーミキュラの納期がすごく長いってことから、選んだお鍋でした。
でも、こちらを選んで正解だったと思います^^
バーミキュラは、まだちょっと琺瑯引きの耐性については、もう少しって部分があるみたい。

ストウブさんで煮物を煮ると、本当にほっこり火が通ります^^
お水入れなくても、野菜の水分がいっぱい出てきて、やっぱりピコの威力ってすごいなぁって実感。

しかし、いかんせん27cmオーバルはデカくて重い・・・

っというわけで、小ぶりなストウブも欲しくなり立て続けにこちらを購入。
130113-2.jpg
ピコ・ココット・ラウンドの20cmと18cm。ブラックです。

ストウブの代表的なカラーと言えば、こちらのブラックですよね♪
マットな質感が、ルクとは異なり、男前な雰囲気を醸し出しています^^
このサイズは、ご飯を炊いたりスープを作ったり、2人分の煮物を作るのに便利な大きさ。

たくさんのお野菜と少しの水を入れて、ブイヨンを入れれば、あっという間に濃厚なポトフの完成♪
野菜から出た甘い水分を堪能させてくれるお鍋です。


そして、ちょっと変わり種のお鍋も欲しい・・・と思いまして、こちらを投入。
130113-3.jpg
ピコ・ニダベイユ・ソテーパンの24cm。グレナディン・レッドです。
こちらは、マジョリカシリーズのカラーになります。

グレナディンはざくろのこと。ザクロの赤い色のお鍋です^^

本当は、元気なチェリー・レッドにしようかと思ったのですが
購入したのが、りんくうのプレミアムアウトレットのお店で
ちょうどチェリーレッドとグレナディンが在庫であったので、比較させてもらい
塗りが非常にきれいだったグレナディンの方を選びました☆

本当にストウブのお鍋は、深いツヤのある塗りが施されていて綺麗です。

で、ニダベイユシリーズは、底に特徴があります。
130113-4.jpg
蜂の巣状のデコボコ加工が施されていて、これのおかげでお肉が引っ付きにくくなるんだそう。
なので、先に焼き付けておいてから煮込むようなお料理に最適なんだそうです^^
もちろん、お鍋の蓋にはストウブの特徴であるピコもあるので
セルフベイスティングシステムも、きちんと機能してくれる優れものです。

浅めのお鍋なので、普通にテーブルですき焼きするのにも活躍しそうです☆

ただ、このニダベイユ加工・・・一長一短ありまして・・・
確かにお肉などの引っ付きは軽減するんですが、この溝に汚れがたまりやすい・・・
洗うときに、結構めんどくさいことになります。
簡単にきれいに出来る方法があったら、教えてほしいです。


さて、ストウブではこんな変わり種もあります^^
130113-5.jpg
20cmのソテーパン。ブラックとチェリーレッドです☆

これはこのままIHにもかけて、ソテーすることも出来るし
そのままオーブンに入れることも可能。
ストウブのお鍋はすべてオーブンに入れることが出来ますが、
このソテーパンを使うと、ハンバーグにあらかじめIHで焼き目を付けてからオーブンへ・・・
なんてことも出来ちゃうんです♪

で、こちらのトリペットを引けば、アツアツ状態で食卓に並べることが出来ます☆
130113-6.jpg
このトリペット、以前も紹介しましたが
磁石が内臓されているので、IHに反応するお鍋なら何でもくっついてくれます♪
なので、トリペットを付けたままお鍋を移動させたりとかが出来るので、結構便利。
これは、ストウブ関係なく買って良かったものだと思います♪


っという感じの我が家のお鍋達。
これだけ大量のお鍋、どこに収納してるの??っと思われると思いますが
なんだかんだと工夫して、頑張って収納しております(汗)
130113-7.jpg
こちら、IH下のお鍋収納スペースの引き出し。
左側の写真は、引き出しスペースの1段目。
傷がつかないように、間に布巾を挟ませながら、重ねて収納しています。
ルクの24cmの上に、ルクの20cm。
ストウブの27cmの上に、ストウブの20cm。
ストウブの18cmの上に、ルクの16cmですね

下になっているお鍋の蓋をひっくり返して、布巾を置いて重ねています。
もちろん、間にはお鍋を購入した時についてくるピンも挟んでいますよ♪

続いて、右側の写真は引き出しの2段目。
こちらには、ニダベイユのソテーパンと、取っ手の取れる~♪ティファールが鎮座。

もう、見ての通り満杯状態なので、収納スペース的にも新規の鍋が入る余地はない状態です^^;
いやぁ・・・IH下の引き出し、なかなかの容量ですね。
お鍋を二段重ねしても、大丈夫ってところがかなり気に入りました♪

ただし…ここの引き出しの最大積載量がいくらなのか知りません(汗)
実は重量オーバーの気がしないでもないですが・・・
引き出す際にも、そんなにつらい感じがないので、このまま頑張っていただこうと思っていますw


ちなみにこれだけのお鍋買ってますが、一応容量的にはバッティング無いようになっております。
容量が大きい方から
ルク24cm・・・4.2L
ストウブ27cm・・・3.2L
ルク20cm・・・2.4L
ストウブ20cm・・・2.2L
ストウブ18cm・・・1.7L
ルク16cm・・・1.3L

まぁ・・・そんなに容量刻んでどうすんねん!?って感じでしょうが^^;
でも、ほら。お鍋においては大は小を兼ねないって言いますし。。。

あ、唯一かぶってるのは、ストウブニダベイユ24cmの2.4Lですが
こちらはお鍋の形状的に、用途が異なるので、無問題と感じています。
ストウブは、どちらかというと、しっかり炒めた後に煮るのに重宝する感じですしね。


っという感じで、もうお鍋はスペース的にも金銭的にも購入できない、我が家の事情でした☆
明日は、気になっていた、ルクルーゼvsストウブのご飯対決について書きたいと思います!


スポンサーサイト

COMMENT

↓↓↓の、大量のお鍋にびっくりーー (*`ロ´*;)
これはずいぶんと揃えていらっしゃる!
でもルクとストウブ、、なんとなく別物って感じがするから、
それぞれ揃えたくなるのも分からなくもない(´艸`)
ストウブの色って落ち着き目の色が多くて、
こちらはこちらで好きなんですよね~♪
でも、、もうそろそろ入る余地が少なくなってきているようで・・・(笑)
どれかを飾りで出しておくっていうのはどうでしょう~♪
ストウブのソテーパン、これ欲しい!
普段の色んなお料理に使えそうです~♪
あと自分の中で地味に欲しいのは、、ストウブのテリーヌ型です( ´ω`)
2013/01/13(日) 13:04:33 |URL|つぶつぶ☆ #gWZsX.36 [EDIT]
いやーびっくりするほど持ってるねー!
読んでて びっくらしたよー
うちなんか
大鍋二つ(うち1つは圧力鍋)
中鍋2つ
ミルクパン1つ
くらいだよー

それにしても かわいぃねー鍋たち
うちは母親にかってもらったビタクラフトだから味もそっけもないやー
デモンストレーションいい鍋は焦げ付きないし いいよね
2013/01/13(日) 19:02:41 |URL|みらい #- [EDIT]
へへ^^;
大量にいつの間にやら増殖してました。。。

そうなんですよね。
ルクとストウブって、似た者同士のようで
実は別物の雰囲気があるので、どちらも欲しくなるというか・・・
でも、これ以上増やせないので、これで打ち切りに!
確かに外に飾ればさらに増やせるんですが・・・
あぁ。悪魔の囁きが(笑)

ストウブのテリーヌ型良いですね!
オーブンでも使えるし、熱廻りが良さそう☆
2013/01/14(月) 10:49:43 |URL|Sato #- [EDIT]
びっくりしていただけましたか??
鍋禁止令出されるのもわかりますよね・・・

うち他にも圧力鍋もありますし
結婚する際に母がくれた、超大なべもあるんです。
まぁ、大なべの方は二人家族にはデカすぎるので
棚にしまっていますが・・・
大量にトウモロコシが送られてきたときには
その鍋じゃないと追いつかないんですよね^^;

ビタクラフトも良いお鍋ですよね!
すっきりしてて、効率の良いお鍋ですし。
なぜ、鋳物鍋にはまってしまったのか・・・私・・・
2013/01/14(月) 10:51:53 |URL|Sato #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。