スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mieleのオーブンも大掃除♪

12-31,2012

本日は大晦日。2012年も最終日となりました。
29日からようやく会社がお休みに入ったので
29日、30日は忙しく大掃除&お買いものでバタバタして
今日31日は、お正月料理の仕込みを一日中やっておりました^^;

さて、1年を通してお世話になったミーレのオーブンさん。
先日、クリスマスにチキンの丸焼きを作った時に、オーブンの中がかなり汚れてしまいました。
チキンの油やらチキンにかけたスープなどが、いろいろ飛び散っちゃって。

このままでは新年を迎えられないので、ミーレのオーブンも大掃除です。

我が家のミーレオーブンには、熱焼成というプログラムがあります。
なんでも400度の超高温で焼き切ることで、庫内の汚れを炭化させるんだそう。

熱焼成を行う際には、庫内からオーブンの天板や横のラックの部分もすべて外して行います。
121231-1.jpg
熱焼成のダイヤルに合わせると、扉にロックがかかり開けられないようになります。
400度の高温ですからね。間違って開けてしまうと危険です。

プログラムはPY1~PY3までの3つのプログラム。
それぞれ加熱の時間が異なり、1時間半、2時間、2時間半と焼成時間が長くなるそうです。
まぁ、我が家は今回が初めてなので、1時間半コースで。

終了時間を設定できるので、深夜の安い電気料金の時間でやってもらいます^^


で、朝熱焼成終了後のオーブンを開けてみたところ・・・
121231-2.jpg
うぎゃ~~~~!!ガラスドアが悲惨なことになってる(><)

そういえば・・・説明書には
『熱焼成を行う前には、庫内をきれいにして中のものを全部取り出してください。』
と書かれていました^^;
あちゃ・・・扉の掃除せずに熱焼成かけちゃったんで・・・こんな状態になってしまいました。

庫内の方はと言いますと
121231-3.jpg
うん。きれいにしっかりと炭化してくれています。
こちらは拭けばきれいになりそう。


庫内は簡単にきれいに出来そうなので、ひとまずガラスドアさんを救出しなければ。
炭化されてて簡単に取れるか?と思って、ちょっと拭いてみたんですが
しっかりと固着してしまってるみたいで^^;

ここからはIHの焦げ落としと同じ要領で、クリームクレンザー+サランラップでくるくるお掃除。
なかなか手ごわい部分もありましたが、最終的にはピカピカきれいになりました★
121231-4.jpg
いやぁ。。。熱焼成の前に、ガラスパネルは綺麗にしなければいけませんね。
これからの反省点ってことで^^; 
綺麗になってよかったー。あのままだったら悲しすぎます。

あと、このガラスドア、サイドの部分に水とかクレンザーが入り込める隙間があるみたいで・・・
入り込んじゃうと取るのが結構面倒だったので、
掃除の際にはセロハンテープでマスキングを行ってからやると、やり易かったです♪

庫内は、炭化してて拭けばするんと落ちてくれたので
121231-5.jpg
すっきり綺麗にすることが出来ました☆
庫内は、多少汚れが残ってても炭化できれいに落とすことが出来るみたいですね。
楽々に落とせたので、これでミーレも新年が迎えられます。


っというわけで、無事大掃除も終わり、お正月料理も、お雑煮の準備も完了。
お蕎麦も我が家は夕食時に食べたので、あとはまったり年越し待つばかりです^^

今年一年もいろいろとありましたが、楽しい一年だったと思います。
来年は今年以上に、素敵なことがある一年になると良いな。

2012年、お世話になりました。2013年もどうぞよろしくお願いいたします☆
121231-6.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。