スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i-cubeのフラットルーフ、延ばせるんだ!!

07-31,2011

元々、フラットルーフでその名の通りCube型であるi-cube。
夢発電システムを使って、太陽光発電を搭載すると
フラットルーフ⇒片流れ屋根に無料で変更されますよね。
片流れにしたくて太陽光載せる人も多いんじゃないでしょうか。

我が家は、元々どのメーカーで建てようが太陽光載せたいと思っていたので
もちろん迷わずに、夢発電⇒片流れ屋根を選択。

しかし、我が家の建設予定地は、北側斜線規制が厳しい場所でして・・・
南に向けて片流れ屋根にすると、少し北側斜線引っかかることがわかりました。
なので、北側の一部をフラットルーフにせざるを得ないとのこと。
それに従い、載せられる太陽光の量も1kW程度少なくなってしまうことになりました。

屋根を西に向けて傾ければ、引っかかることは無いのですが、
西や東に向けると、南に比べ発電効率が15%程度落ちると言われているため、
西に向けて1kW余分に載せるのと、南に載せて1kW少ないのとでは
コストも含めて、南に向けるほうがいいのではないかという結論に。

あと、旦那君が片流れ+フラットルーフの屋根の形の方が面白みがあって良い♪
と気に入っていたので、それも南向きの後押しになりました。



そして、本日の本題です。
我が家の当初予定していた屋根の西からの形はこんな感じでした。
yane1.jpg
片流れ+北側にフラットルーフ。
普通に何も手を加えなければ、こんな感じになりますよね。

しかし、この図面を見たお義父さんが
『北側、軒がないね。軒が無いと雨が振り込んでくるし、
    家も汚れやすくなるから軒はつけてもらったほうがいいと思うよ。』

と仰いました。
うん、私もこの軒が無いの、気になってたんですよね^^;

我が家は北側玄関なので、玄関の上にはベランダが設けてあって
雨は除けられるようになっているんですが、
そのベランダの上には、全く軒が無い状態になっているんですよね。


だけど、i-cubeは元々がこの軒の無い形が通常バージョンだし
誰かのブログで、軒を付けるとかなり金額UPになると聞いていたし・・・
でも、お義父さんのご提案を聞かなかったことには出来ないしなぁっということで
一応、営業さんに相談してみることに。

相談してみると、意外なことに
『設計に確認したらいけるそうですよ!』という回答が!!

軒を付けたバージョンの我が家の屋根がこんな感じになりました☆
yane3.jpg
最終近くの図面なので、雨どいが付いてて少し見難いですが、
北側の軒を874mm出してくれました!これが一応最大だそうです。

北側のベランダは900mmの予定なので、
雨どいの分も含めると、十分軒の効果を感じられると思います♪
この図面を見たお義父さんも
『これだけ軒が出てたら、大丈夫や☆』
と太鼓判を押してくれたので、良かった良かった^^

ちなみに、こちらの軒の料金は・・・

軒の出変更(標準⇒874)・・・12,500円也

もっと、がっつりと上がると思ってたので、金額聞いたときは
『え???そんだけで良いんですか???』
と聞き返したくらい拍子抜けしちゃいました^^;
この額には営業さんもびっくり。
『こんなもんでいけるんすね~』と関心しておりましたw

まぁ、北側だけって言うのもあるんでしょうが、
もし一部フラットルーフになって、軒が無いのが心配な方は
一度設計さんに相談されてみてはいかがでしょうか??








こちらぽちっとしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。